コンテスト動画撮影に関する一部許可制の導入

コンテスト動画撮影に関する一部許可制の導入

2018.6.14追記:
2018年7月1日(日)開催の Panpacific okinawa open より以下の事項が追加されます。不適切な動画使用等を防ぐため、競技者の皆様、観客の皆様への配慮のため適用されることになりました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。(スマートフォン・タブレット端末、携帯電話での撮影に関しては申請の必要はございません)

  • ※毎大会申請が必要となります。
  • コンテスト当日受付にて「申請料3,000円(税込)」を支払う。

一般社団NPCJ が主催するコンテスト、NPCJ Grand Prix Series において、コンテスト中の動画撮影に関して一部許可制を導入させていただくことになりました。

なお、コンテスト中の動画撮影一部許可制に関しては、2018年6月16日(土)開催の Generation cup より適用とさせていただきます。

コンテスト動画撮影申請対象

コンテスト中の動画撮影に関して、下記「申請対象」に該当する撮影を行う場合は、NPCJ事務局に事前に申請し、許可を得る必要があります。

  • スマートフォン・タブレット端末、携帯電話に内蔵されているカメラ以外での動画撮影
  • NPCJ事務局より撮影を依頼している個人及び企業に該当しない者

一眼レフカメラ、ハンディカム、GoPro など許可申請の対象となります。NPCJ事務局にて既に撮影許可を下した個人、企業、スマートフォン・タブレット端末、携帯電話での動画撮影は従来通り、事務局への申請は必要ありません。

申請方法・許可・撮影制限

  • スマートフォン・タブレット端末、携帯電話に内蔵されているカメラ以外での動画撮影をご希望の方は、ページ下部「動画撮影許可申請はコチラ」からリンク先に移動し、NPCJ事務局に「動画撮影許可申請」を行ってください。
  • お送りいただいた「動画撮影許可申請」を元にNPCJ事務局にて審査し、許可した方にのみ事務局よりご連絡を差し上げます。
  • 撮影許可が下りたお客様には、「動画撮影許可証(PDF)」を発行いたします。
  • コンテスト当日、受付にて本人確認のため、「動画撮影許可証(PDF)」と、「身分証明書」を提示し、「申請料3,000円(税込)(2018.7.1 より)」をお支払いください。
  • 本人確認が取れ次第、撮影許可書ホルダーをお渡しします。首からかけて、コンテスト中は常時身に着けてください(退館時にご返却ください)。
  • NPCJ事務局での審査の関係上「動画撮影許可申請」は動画撮影希望のコンテスト1週間前までにご提出ください。
  • コンテスト1週間前までに「動画撮影許可申請」のご提出を頂けない場合は、いかなる理由があってもコンテスト当日の動画撮影許可は下りません。
  • コンテスト中、NPCJスタッフより、動画撮影を行っているお客様にお声がけさせていただくことがございます。その際に「動画撮影許可証」のご提示をお願い致します。
  • 「動画撮影許可証」のご提示がない場合は、如何なる理由があってもその場で動画の撮影を中止していただき、コンテスト終了まで事務局にて対象機器を一時保管させていただきます。撮影データをその場で消去頂く場合もございます。

簡単に流れを説明すると、以下のようになります。

  1. 申請:Webから許可申請をする
  2. 承認:事務局より許可証(PDF)をメールで受け取る(許可が下りた場合)
  3. 証明:コンテスト当日、許可証(PDF)、身分証明書を受付に見せ、3,000円支払う
  4. 受取:撮影許可書ホルダーを受け取る
  5. 返却:コンテスト終了後、撮影許可書ホルダーを受付に返却

スマートフォン・タブレット端末、携帯電話での動画撮影は従来通り、事務局への申請は必要ありません。

以上、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、動画撮影に関しては、状況により今後対応を変更させて頂く場合がございます。

動画撮影許可申請はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう