Japan Pro Weekend 回想録 – WLC & Pro Qualifier Athlete Registration / Meet & Greet –

Japan Pro Weekend 回想録 – WLC & Pro Qualifier Athlete Registration / Meet & Greet –

The Boston Mass EP. 2

今回のホセは、Powerhouse Gym 初台 に出現だ!

WLC & Pro Qualifier Athlete Registration

IFBBプロが集まる会場の隣では、11月17・18日に行われる、NPCJ World Legends classic(以後、WLC)と、17日に行われる、IFBB Professional League Pro Qualifier(以後、Pro Qualifier) に出場する選手たちでごった返しています。

事前チェックイン中

事前チェックインがこの日行われており、両コンテスト出場選手達のチェックイン待ち行列。

行列

WLC に出場する選手たちはおなじみの光景。スマホにゼッケンを表示し、

ゼッケンを表示

ゼッケン缶バッチと、今回は選手を区別するホルダーを受け取り、

ホルダー

カテゴリーごとに身長や、体重、ウェアの確認後、IFBB Pro 同様に、cronos 様特製オリジナルTシャツを受け取り終了となります(簡単)

記念Tシャツ

Pro Qualifier も基本は同様。違うのはアジア圏を中心とした、外国籍の選手が沢山いるってこと。(あとちょっとだけシステムに不具合が…)

隣の会場

行列にはもちろんカネキンも

カネキン

浦島選手は、WLC と Pro Qualifie の両方にエントリー。今年の NPCJ 関連イベントに3回出場し、そのたびに優勝をかっさらっていきました。がんばれー!

浦島選手

とここで、今回のゲストレジェンド、ミロスが到着!

ミロスと堺部さん

続けて17日のゲストポーズを務めていただく、我らがアイリスも会場に到着!

アイリス到着

そして、17・18日のMCを務めるショーン レイ も到着と、重鎮密度が高くなってきた。

ショーンレイと堺部さん

事前チェックインに少々時間がかかりそうなので、一旦地下の会場に行ってみます。

地下への階段

本番のメインホールでは既に設営が始まっています。空っぽの会場は只々だだっぴろい。

会場設営風景

会場設営風景2

NPCJ Fitness Expo が行われるホールAでは、設営中の今回の冠スポンサー、Gaspari ブースがぽつりとある程度。

これが、

Gaspariブース第1段階

こうなって

Gaspariブース第2段階

こうなって

Gaspariブース第3段階

こうなるわけね。

Gaspariブース開店後

さらにホールAのお隣では、「Jan Tana」Expert Tans がこの日から稼働中

Japan-Weekend-公式タンニング「Jan-Tana」

Jan Tana メンバーは15日に日本入りし、その足でベルサール渋谷ガーデンへ、作業スペースを入念にチェック。

Jan-Tanaチーム

打ち合わせ中のJan-Tanaチーム

打ち合わせ中のJan-Tanaチーム2

センサーに反応して自動で動き出すエスカレーターに「アメージング!!」

エスカレーター

Jan-Tanaチームと記念撮影

Meet & Greet

会場に戻ると、すでに18時を過ぎ Japan Pro Weekend の一番最初のイベント「Meet & Greet」がスタートしていました。

看板

続々と選手お客さんが会場入りし、中は終始満杯状態。

会場入りする観客

各々プロ達と写真を撮ったり、

Meet&Greet-風景1

Meet&Greet-風景5

Meet&Greet-風景4

サインをもらったりと。自由な時間を満喫できましたでしょうか。

フレックスウィラーにサインをもらう

Meet&Greet-風景3

Meet&Greet-風景2

ここで、今日必ず忘れずに撮らなきゃ!と決めていた、Miharu選手と、山岸プロモーターのツーショット。

Miharuプロと山岸プロ

日本初開催なのに日本人が出場しなかったらどうしようと、一人ドキドキしていましたが、Miharu選手 がJapan Pro に早々と参戦表明して頂きとてもうれしかったー(ここら辺は後半のまとめでまた)

対談するMiharuプロと山岸プロ

Bikini seminar

そして本日の目玉の一つでもある、アシュリー(Ashley Kaltwasser)・ステイシー(Stacy MacCloud)・エリサ(Elisa Pecini) の三人による、豪華Bikini Pro セミナーが開催されました。

weekendセミナー.ビキニ

今回のセミナー形式は、アシュリーのトレーナー、アダムスが進行を務めていく形にこの場で急遽決定。

アダムス

まぁ、アシュリーとステイシーは終始ノリノリ。

ノリノリのアシュリー

ステイシー

エリサは、日本語も英語も話せないので、ジェーンが隣で通訳し、道中は英語と日本語とポルトガル語が行きかう、多言語セミナーでした。

エリサ

いやぁ、内容は超ー濃密でしたよね!

ビキニプロセミナー風景

昔と今のポージングの違いや、

ビキニプロセミナー風景4

これはNGとか、このくらいがベストとか、ジャッジへのアピールの仕方、アマチュアの場合は時間が限られているから、それならこうしたほうがいい!などなど…

ビキニプロセミナー風景2

そんなところまでか!と聞いていてゾクゾクしました。

ビキニプロセミナー風景3

3人のプロに壇上に上がり、それぞれ一連のルーティーンを披露してくれたり

ビキニプロセミナー風景5

参加者一人ひとりにしっかり時間を取ってプロが直接ポージング指導したり。

ビキニプロセミナー風景6

プロもめっちゃ真剣でしょ、

ビキニプロセミナー風景7

とにかく事細かに懇切丁寧、超真剣な濃密空間でした。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

ビキニセミナー記念撮影

記念なんだからどんどん写真も撮って撮って!撮影している人はいつもアシュリーの Youtube 動画を撮影している人だよ!

アシュリーと記念撮影

と気づくと、Meet & Greet は終了していたのだった。

帰り支度

しかし裏ではまだ、ミロスと、マルコが超熱のこもった入念なポージング真っ最中だった。。。こちらもゾクっとした

さぁ、翌日はいよいよコンテストがスタートする日だ!会場も徐々に出来上がってきた!!

設営中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう