Japan Pro Weekend 回想録 – まとめ –

Japan Pro Weekend 回想録 – まとめ –

Youtube

Japan Pro に出場したプロの方々が今回の Japan Pro 動画をアップしてくれています。

Ondrej Kmostak

メンズフィジークに出場した、チェコの Ondrej Kmostak プロ。今回のJapan Pro を一動画に丸っとまとめてます。


Denis Gusev

同じくメンズフィジークに出場した、ロシアの Denis Gusev プロ。こちらも一動画にまとめてます。


Ashley Kaltwasser

アシュリーは来日してホテルまでの記録やね。

Shawn Ray

今回のMCを務めていただいた、ショーン・レイ。ミロスにインタビュー。きっちりお仕事しております。

ほかにも、アイリスや、ホセのインタビュー、Japan Pro のフィナーレなどもアップしてくれています。Shawn Ray TV


The Boston Mass EP. 7

ホセのエピソードも7回目まで来ました。渋谷駅からセルリアンタワーにいる ジェイコブ(Jacob Wilson)に会いに行きます、スポンサーロゴの入った、CRONOS Tシャツを着てくれていますねー。

それぞれの視点で Japan Pro Weekend を見てみるととても楽しい。東京を満喫してもらえたかなぁ…

沢山のありがとう

Japan Pro から一週間が経ち、ようやく落ち着いてまとめが書けるようになりました。

Japan Pro Weekend は、11月16日~18日なのですが、事実上は15日(木)のブランドンセミナーから始まり

19日(月)のチャンピオンズセミナーまでの5日間にわたって、各種イベントが開催されていたことになります。

チャンピオンズセミナー

この5日間に係るイベントに関して、様々な感謝すべきことがありました。

通訳ボランティアに感謝!

今回、Pro Qualifier 及び Japan Pro に出場いただいた選手の国籍を調べたら、実に23ヵ国(5大陸全制覇)

これだけの国から選手が一斉に集まるわけですから、既存のスタッフだけではとてもじゃないけど賄えない。

そこで、山岸プロ・堺部理事のSNSを利用して「通訳ボランティア」を募集したところ、これが予想をはるかに超える応募が殺到(嬉しかったー)

対応日数などを考慮の上、人数を限定させていただきました。ご応募いただいた皆様ありがとうございました!

そしてご協力いただいた、通訳ボランティアの皆様お疲れ様でした!(次回はもっとギュッと寄って撮影しましょうw)

通訳ボランティア

PV作成に協力いただいて感謝!

制作物が多すぎて、いよいよ手が回らなくなり、とある方に今回の WLC のプロモーションムービーの作成を依頼しました(もう一度見てみましょう)

そう、「カネキン」に作成していただきました(改めて見るとカネキン色満載w)

自身の Pro Qualifier 出場の動画もアップされていて見ごたえ満載。

強い幹を持ち、決して驕らず、目上を敬い、若い子たちには対等に接する、イケメンで、優れた肉体を持ち、動画編集もずば抜けてて、あっしは どれ一つかないやせんよ…だんな…

カネキン湯浅ショット

自身もジム開店に向けて、またコンテスト出場に向けて多忙だっただろうに…まさに言い訳しないカネキンならではの完成度!!快く引き受けていただき、ありがとうございましたー!

kanekin

レジェンドに感謝!

イベントを運営する方々は毎度悩まされますよね、運営費

会場設営中

会場費や設営費、人件費、インビテーション、各種プロモーション etc. チャリン、チャリン… (;^_^A

設営中

そんな中で、レジェンドが「是非協力したい(お金じゃないんだよ)!」と Japan Pro のために、気持ちの部分で動いてくれました。

ミロスとリッチ

丁度 Japan Pro PV を作っている最中で、レジェンド枠の尺を伸ばさなきゃ…とセコセコ作業したのでよく覚えてます。

ショーンとフレックス

当日はエキスポブースでも大忙し。

サインするショーン

ブースにいるフレックス

アイリスはゲストポーズまで務めてくれた。

アイリス-ゲストポーズ

レジェンド達の寛大さと、また改めてプロモータ 山岸秀匡 という男の凄さを痛感した瞬間でした。レジェンド、ありがとう!!!

全員で記念撮影

キッズ・ファミリーに感謝

ゴリゴリのなかに訪れる、ひと時の安堵の時間。

自分がこんな大舞台に立っていたなんて、記憶していないかもしれないくらいの小さな子から、

キッズ

自分自身を見事なまでに表現する子まで、

キッズ表彰

また、「一個人」ではなく「一家族」として舞台に立ってくれたファミリー。

ファミリー

ファミリー出場前

動画の途中に出てくる、フォトブースでキッズがポーズしているところなんて、キャー。癒しの極みでしょ!!

紅林ファミリーなんて、全員いっつもで楽しそうで家族の鏡だ!(密かにいつも楽しみにしています)

紅林ファミリー

まとめ

まだまだ感謝したいことが山ほどありますが、さてさて、ここからがホントのまとめです。

入り口前バナー

先日、NPCJスタッフ、山岸プロ、アイリス達と Japan Pro Weekend の打ち上げをしました。

ホールC明転

堺部理事のブログ にもあるように、一人ずつスピーチをしていきましたが、口にすれば皆ポロポロと涙が…

その場にいて、皆が込み上げて言葉を詰まらせていく様を見て、よく分かるんです。

ステージ写真

“背負ったんだなぁ” って。

jantana取材

それぞれが皆別々の役割を担っていましたが、

ブランドンとテレンス

限られたスタッフの中で、あれだけのイベント業務を割り振られるから、一人一人に係る負担が尋常じゃない。

212記念撮影1

死に物狂いとはこのことで、石崎事務局長に至っては、三途の川見えてるんじゃ…

212記念撮影2

筆者もそれを見て、こりゃ捌き切れんなと思い一部を引き取りましたが、それが運の尽き、、、

212記念撮影3

最後の方は仙人と化し、悟りを開けるまでになっていました ww(これを事務局長一人でやろうとしていたのかと思うとゾッとするし、引き取っといてよかった)

212記念撮影4

でもそんな狂気にも満ちた状態があったからこそ、あの Japan Pro Weekend 大成功を生み出せたのも事実。

212記念撮影全員集合

だからこその涙。


そして、選手でもまた背負った人が一人。

Miharu選手

Japan Pro Bikini に出場した Miharuさん

山岸プロMiharu選手記念撮影

After Party で少し話しましたが、”気負った、不甲斐なく申し訳ない” とひたすら謝ってて…ぐむぅ…となりました。

ビキニセミナー風景

今回唯一の日本人プロ。いわば日本代表「みんなの期待に応えなきゃ」って感じで “背負った” のが分かりました。

選手行列

えーと、表現が難しいんですが、、、Miharuさん、スタッフは感謝しているんですよ。

スタッフ打ち合わせ中

当たり前ですが、「日本初プロコンテスト開催」というのは、今回が最初で最後です。二度とやってきません。

ステージリハーサル中

重要なのは、この記念すべき日に記念すべき時に、日本人がプロとしてステージに立ってくれたことなんです。

MC野澤SHOW

去年も書きましたが、コンテストだから順位がつくのは必然ですが、それだけじゃない!

ファミリーフィジーク

Japan Pro ポスターを作っているときだって、日本の国旗をペタッとくっつけたりした時はほっとしたりしました。

WLCボディビル

Japan Pro 告知用に山ほど作った画像のうちの一つを、アシュリーが見つけて、この画像の私の隣は、Miharu にして!と

メンズフィットネスモデル

他国の選手に、もっと自国の選手を取り上げなさいと叱られた気分でした。

メンズアスリートモデル

気づきましたか? Miharuさん、

プロクオリファイア ビキニ

今回の Bikini Pro において、Olympia を3度制したアシュリーより、Japan Pro Bikini 初代女王となった、ブリーナより、

客席

Miharuさんへの声援が一番大きかったんですよ。

プロクオリファイアビキニ2

とある雑誌で、NPCJのことを「エンターテインメント性の高い団体」と書かれていたのを目にしました。

プロクオリファイアビキニ3

アタリだと思いました(あ、筆者の意見)

プロクオリファイアフィジーク

このフィットネスコンテストは、他のスポーツ競技より、エンターテインメント性がより濃く出る競技だと思っています。

プロクオリファイアフィジーク2

ヘッドジャッジの ティムガードナーが何故、必要なまでにホセレイモンドをずっとステージセンターに残し、入れ替わり一人ひとりと比較していったのか。

プロクオリファイアフィジーク4

堺部さんが、ブリーナの汗を必要なまでにふき取りまくって、会場を沸かせた後、「モト、台本にはなかったぞ」と洒落の利いた一言を発したり、

プロクオリファイアボディビル

会場の皆さんは誰が一番だと思いますか?と問いかけ、会場の声を焚き付けるのはなぜか。

ビキニプロ誕生

あそこの空間にいる、プロ選手や、ジャッジが、競技者、審査員という立場のみならず、エンターテイナーとして、一イベントを作り上げているからじゃないですか?

フィジークプロ誕生

Arnold Classicでセドリック・マクミランが、ポージングルーティーンの時に、自撮りするシュワちゃんの頭をワシャワシャするシーンが好きです。

ボディビルプロ誕生

プロがよく、来い来い!と腕をクイクイさせてたでしょ。もっと盛り上がろうって言っているんですよ。

ビキニプロ

プロって体の比較差で決まているように見えますが、ああいうのを見ると、

あれぞ本物のプロだなって思います。

ボディビル比較

今回の Japan Pro を会場でご覧になられた選手の方々、いかがでしたでしょうか?

メンズフィジーク比較

今回は、プロと全く同じステージに立てるという状況でしたが、

バックステージ

センターから登場するのは、Japan Pro(IFBB Pro)と、アイリスのゲストポーズ時のみとさせていただきました。

IFBBジャッジ

プロになれば、センターから登場し、30秒もの間、あの空間を独り占めできます。

バックダブルバイセップス

Shawn Ray から、Form Japan! 〇〇!!と自分の名前をコールされてセンターから登場してください。

MC-ショーンレイ

日本開催となれば、多分今回のブランドンより、もっともっと、どでかい轟音渦巻いた声援が自分の為だけに巻き起こります。

ステージ

そこでたたみかける様に腕をクイクイさせてみてくださいよ。

それが自国開催ってことなんです。

ボディビル比較2

俺もあのステージに立ちたい、私も独り占めしたい、と思ってもらわなければ運営側は失格だと思います。

あの数時間の間に起った凝縮された空間を説明するのはとても難しくて、、、色々アップされている動画を見ても全然臨場感がなくて、、、説明できない。

でも、それは足を運んでいただいたお客様の特権として、あの空間を共有できたことに感謝いたします。

だから少し戻って、Miharuさん、ありがとうございました。

ビキニプロMIHARU


これが今年のホントの最後、

Japan Pro のオープニングセレモニーの数分前、

打ち合わせ

コンテスト会場 ホールC の入り口前で、ロビンチャン、山岸秀匡、堺部元行が話し込んでいる。

打ち合わせ2

その横で真弓さんが一人泣いている光景を目撃し、その場ですぐに悟りました。

あぁ、決まったんだな…

来年 2019年、
NPCJは更なる高みに皆様をお連れ致します。

2018年本当にありがとうございました。

集合写真

みんないい顔でしょ!やり切った感あるでしょ!(まだやり切っていないけど…)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう