IFBB Professional League よりコンテスト出場に関する通達

IFBB Professional League よりコンテスト出場に関する通達

IFBB Professional League より通達

5月15日のルール改正に伴い、IFBB Professional League より全世界に向けて通達がありました。

Athletes in the following countries must compete in a REGIONAL contest in their coutry before competing in a PRO Qualifier contest: Brazil, Canada, Italy, Japan, South Africa, South Korea, Turkey, United Kingdom.

IFBB Pro League Pro Qualifier Rules

そのまま訳すと、

次の国の選手は、Pro Qualifier コンテストに出場する前に、その国で開催される Regional コンテストに出場しなければなりません。:ブラジル、カナダ、イタリア、日本、南アフリカ、韓国、トルコ、イギリス

です。

出場資格の明確化が進む

日本人(日本在住者)を対象としてお話しすると、

今年の11月に開催される、Amateur Olympia Japan に出場する場合、それまでに、NPCJ が運営する Regional コンテストに出場していることが条件でしたので、こちらは今まで通りですが、海外で開催される Pro Qualifier や、Amateur Olympia、Global Classic といった IFBB Pro Card が獲得できるコンテストに出場する場合も同様に、NPCJ が運営する Regional コンテストに出場していることが条件の範囲に含まれることになりました。

また、5月15日以前に既に海外の出場登録を澄ませている選手の場合はこの条件の対象外となりますが、5月15日以前、以後に関わらず共通認識としては、

日本人(日本在住者)は、海外で行われる IFBB Pro Card が発行されるコンテストに出場する際、チェックイン時に NPCJ から発行する証明書(及びパスポート)を提出すること。

が義務付けられます。

例として、
9月にアメリカで開催される、Amateur Olympia Las Vegas に出場したい。といった場合、Las Vegas に行っても NPCJから発行した証明書が無い場合は、チェックイン時に失格となるそうです。

こちらに関しては、本人がこの改正されたルールを知っているかどうかは問題とせず、無条件で失格となります。

勿論 NPCJ としても、上記の日本以外の対象者(国の選手)が、NPCJ が運営する、Pro Qualifier や Amateur Olympia Japan に出場する際は、対象国のプロモーターが発行する証明書のチェックを厳重に行うこととなります。

証明書の発行及び、有効期限

既に2019年以降、NPCJ が運営する、Regional コンテストに出場した選手の方で、海外の Pro Qualifier 及び、Amateur Olympia 等に出場希望の方は、NPCJ事務局までご連絡ください。適時「証明書」をお送りさせていただきます。(紛失された場合の再発行は致しかねますので、大切に保管してください。)

Pro Qualifier及び、Amateur Olympiaの出場権は、ご自身が出場したRegional コンテストから翌年の前月末までとなります。例えば、先日の6月16日に名古屋で開催したコンテストに出場した場合の有効期限は、翌年(2020年)の5月末までとなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう