BLAZE OPEN 2016 – Part1

BLAZE OPEN 2016 – Part1

Blaze Open

5月22日(日)、東京は晴天に恵まれ、外を少し歩いただけでも汗がにじみ出る熱さの中、2016年のNPCJがいよいよ始まりました!

2016 NPCJ Grand Prix Series の初戦は、東京開催の Blaze Open

昨年の同大会をはるかに上回る出場者と、たくさんの来場者で、大成功を収めたその激戦の模様をお伝えしてまいります。(全2回 全4回:本戦の模様は次回)

ジャッジシート

また、今回の模様は、いろいろな方にも取り上げていただきました。そちらも合わせて御覧ください。

今回の会場は「四谷区民ホール」。
最寄駅の「新宿御苑前」を降りて目的地に向かいます。

白を基調とした爽やかでまとまりのある建物が会場です。

四谷区民ホール

会場のおとなりは新宿御苑。

新宿御苑

スタッフの集合時間に合わせて早めに会場に向かいましたが、そこには既に大会に出場する選手や、観客の方が!早い!

会場前の風景

会場となる9階に上り外を見渡すと、新宿御苑が一望できます。

9階からの風景

早速スタッフミーティングの開始。

ミーティング風景

総指揮をとるのはもちろんこの方、堺部さん。
この日は自身もゲストポーザーとして壇上に上がります。

指揮を執る堺部さん

今回ジャッジを務める、メンズフィジークの猛者達の顔も。
左から、阿部和也選手、廣川翔一選手、小池友仁選手。阿部選手は今回ヘッドジャッジ、小池選手はゲストポーズも務めるという重要な責務を担っています。

阿部和也、廣川翔一、小池友仁

一通りミーティングも終了し、早速会場の中へ。

会場内部

会場は2階建てで、座席数は452席(1階席:332席+車いす席2席/2階席:118席)。親子席もあり、様々なイベントを楽しむことができる小型のコンサートホールです。

二階席

ステージからの眺めはこんな感じ。
客席とステージが近く、選手の熱気を感じることができる良い会場でした。

ステージからの風景

本番の導線を確認しながら、選手控え室も見てきました。キレイキレイ。

選手控室

選手控室2

気づくと出場選手の集合時間となっており、会場の一角は人で埋め尽くされておりました。

出場者

2年目となるNPCJとしてうれしいことは、昨年同様、今年もNPCJに参加いただいた選手。

ミーティング風景3

その昨年の大会を観戦し、自分も出場してみたいと思い、今回の Blaze Open に参加を決めたという選手。

出場者2

また、俳優であり、サマー・スタイル・アワードの実行委員会 代表でもある、ご存じ「金子賢」選手や、そこに出場する選手の参加など、垣根を超えた交流。

ミーティング風景4

継続すること、新しい血の導入、垣根を超えた交流と、まさにNPCJ会長が掲げる「目的は違えども、ステージ上で自己表現を最大限発揮できる場を提供する、Quality of Lifeの充実」が少しずつではありますが、確実に実践できてきているということではないでしょうか。

受付を済ませたあとは、選手ミーティング。

選手ミーティング

舞台上ではステージの立ち位置などの確認中。

ばミリ

会場設営

その後 各選手ステージに上がってのポージングの確認。

ステージ練習

客席最前列では、ジャッジミーティングと、これといった問題もなくスムーズに進行していきます。

ジャッジミーティング中

そして開場時間となり、続々とお客さんが入場してきます。

開場

今回はホントにたくさんの方に観戦にいらしていただき、最終的には会場は満杯となりました。ありがとうございました。

会場風景

次回は、本戦の模様と、結果を合わせてご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう